子供に優しいわきが対策デオドラント・小学4年生からのおすすめ

子供ワキガデオドラントクリーム
子供の腋臭(ワキガ)、お肌にも心にも優しく安全なケアをしたいですよね。

小学校の低学年くらいまでは洋服に吹きかけるスプレータイプのデオドラントで、そっとケアをしてきたと思います。⇨子供の洋服とワキガ対策についてはこちら

小学4年生くらいから、とくに女の子はなんとなく臭いを自覚してきます。本人がニオイを意識し始めたら、肌に直接塗るデオドラントの出番です。

自覚がないようだったら、一概には言えませんが優しく優しくエチケットとして体臭のことを話してみてはどうでしょうか。

ニオイは変なあだ名やいじめの原因になるので、ここでしっかりと早めの対策をしたいです。

とはいっても小さい頃からずっと使うものだし、あまり刺激が強いものだと肌がかぶれたり異変が起こるんじゃないかって心配です。

そこで子供の肌にも優しくて、腋臭(わきが)にちゃんと効くデオドラントを紹介します。大人の腋臭(わきが)にももちろん良いので、一緒に使うことで子供も安心しますよ。

子供の腋臭(ワキガ)に使える安全なデオドラントクリームや制汗剤

子供の場合にはまず、軽いワキガ用の低刺激なデオドラントから試すことです。

お肌を傷つけず、ニオイもとれる丁度良い安全なデオドラントは何?

ってことですよね。

子ども用デオドラント選び
3つのポイントとおすすめ

まずは、ミョウバン系のデオドラントが普段使いにおすすめ→『デオナチュレ

ミョウバン系がダメだったり、子供のお肌がとくに心配な人におすすめ→『クリアネオ

汗を止めるには、塩化アルミニウム系の制汗剤(予備的に持っておくと安心)→『デトランスα



ミョウバンやアルミニウム系のデオドラントは子供に安全?危険?

ミョウバンは金属系のアルミニウムを含みます。だから、危険?みたいな口コミをよく見かけます。

いいえ、ミョウバンは安全なんです。

ミョウバンはざっくりいうと岩塩の一種。
漬け物、メロンパン、麺類など食品にも添加されている「お肌に安全な天然デオドラント」です。

※ミョウバンにアルミニウムが入ってると聞くと心配になっちゃいますが、口から大量に摂取しない限りアルミニウムは毒にはなりません。アルミニウムは飲料水や食料にもごく自然に含まれてますし、口から吸収されたとしても体外にほとんど排出されます。ましてや皮膚に塗るのなら、危険性はありません。

だから、アルミニウム系のデオドラントは危険!っていうのを真に受けないでくださいね。

アトピーに良い明礬(みょうばん)温泉も有名ですし、オロナインにも実はミョウバンは入ってます。

ただ、それでも「体質に合わずにかぶれてしまう」という可能性はどうしてもあります。

これは肌質に合う合わないという問題です。

単純にお肌にお塩を塗ると、かぶれちゃう人も多いですよね。とくにお肌が傷ついてるときなんかは要注意、傷口にお塩は普通に痛いですよね

ミョウバンは塩の一種なんですから。

ということで、ですね。

ミョウバンが根本的に子供の体に良くないとか、そういうことはありません。

ミョウバンは硫酸塩などの複合塩で、最も古く、最も安く、最も身近で安全なデオドラント剤です。

引用元:五味常明「新・もう汗で悩まない」

オーガニックな【デオナチュレ クリスタルストーン】

デオナチュレクリスタルストーンは子供におすすめ
「デオナチュレ クリスタルストーン」は天然のミョウバンそのままなデオドラントです。

天然アルム石(ミョウバン)以外は、何も入っていません。
無香料、無着色、防腐剤なしの自然派。

天然由来成分100%の医薬部外品なので、子供が初めて使うデオドラントは「クリスタルストーン」を試してみてはどうでしょうか。
本当に筒に入った石って感じで、水や温水にひたしてから脇に塗ります。

1本でかなり長く使えます。

そのままサッと塗れないので、少し面倒
ミョウバンだけなので、持続力は弱め

という欠点はあります。

Amazonを見る

定番の「デオナチュレ ソフトストーンW」

「ソフトストーン」は「クリスタルストーン」と違って、ミョウバンの他に殺菌成分などが入っています。
殺菌成分はハンドソープなんかにもよく使われている「イソプロピルメチルフェノール」、刺激もとくに強くないです。

使いやすいスティックタイプなので、クリスタルストーンが面倒になったらソフトストーンでも良いと思いますよ。

お肌が敏感な子にはワキガ用クリーム【クリアネオ】

クリアネオは子供も安全なワキガクリーム

「クリアネオ」の詳細はこちら

↓「クリアネオ」はこんな人におすすめ

とくにお肌が弱い
「デオナチュレ」など、ミョウバン系は肌質に合わない
でも、ニオイはしっかり落としたい

クリアネオは「無添加+植物系の消臭&スキンケア成分+ワキガの殺菌」で、お肌に優しくワキガ臭を抑えます。

医薬部外品、そして安心な国内生産です。

しかもですね。

金属アレルギー
アルコールアレルギー
敏感肌
乾燥肌

の人も安心して使える、パッチテスト済み。

「クリアネオ」はマイルドなので、重いワキガの人にはおすすめできません。お肌に優しいのに強力なワキガに効くっていうものは残念ながらありません

でもですね。

「軽度なワキガ臭をしっかり抑えて、お肌を傷つけない安全なデオドラントを探している」っていう人には、向いています。

つまり\子供の繊細なお肌にはピッタリなデオドラントクリーム/なんです。

通常価格:9,800円
1ヶ月ごとの定期コース:4,960円

という感じで、お財布には正直優しくはないんですけどね。つらい一

とはいっても、ニオイやお肌は人間関係にもつながる大切なこと。
合わなかった場合は全額返金保証もあるので、価格に納得できるなら試してみる価値はあると思いますよ。

「クリアネオ」の公式サイトはこちら

汗がぴたっと止まる制汗剤【デトランスα(パースピレックス)】は持っておくと安心


「デトランスα」の詳細はこちら

「デトランスα」は医療先進国デンマーク製の制汗剤。
ワキガの人の間では愛用者も多く、知ってる人は知ってるって感じのデオドラントなので紹介しときますね。(マイルドではないので、参考までに。)

「デトランスα」は汗そのものをバシッと止めることで、ワキガ臭も止めてくれます。

例えばですね。
発表会がある日とか、普段より気をつけてあげなきゃってとき。そういうとき、「デトランスα」は活躍してくれます。

↓メリットはこんなです。

本当に汗がぴたっと止まる
持続力があるので、日中に塗り直さなくてもいい
週に1~2回塗るだけでOK

でも強力な分、扱いづらいというかデメリットもわりとあるんですよね、これが。

デメリット
まず、「かゆみ、かぶれ」が出やすいという点です。

塗り過ぎはNG、扱い方には気をつけてくださいね。(残念だけど、お肌が弱い子はちょっと止めといたほうがいいかも。)

直接塗るんじゃなくて、水を含んだコットンを使って塗ってみてください。

濃度も薄まるので、「かゆみ、かぶれ」も抑えられると皮膚科の先生も言ってましたよ。(管理人は皮膚科も受診してました。)

汗を止めるって、そもそも安全?

「デトランスα」は塩化アルミニウムで、汗の穴をふさいで汗を止めます。体に悪影響が出るんじゃないかって最初は不安に思いますが、自然と体外に排出される仕組みなので安全なんです。

ワキガ治療の第一人者、五味先生の本もよく読んでいるのですが↓

汗や汗くささの対策ならば、塩化アルミニウムなどのできるだけ制汗効果の高いものを選び、抗菌殺菌作用の強いものは、むしろ避けたいものです。これらの薬剤は、長期に使用すると、皮膚のかぶれや湿疹・皮膚の肥厚・色素沈着などの原因にもなります。

引用元:五味恒明「新・もう汗で悩まない」

このように抗菌殺菌作用の強いデオドラントにいくよりは、塩化アルミニウム系のデオドラントのほうが体には安全です。

※塩化アルミニウムは、現在でも皮膚科で普通に処方されてます。確かに皮膚への刺激はありますが、それ以上のことはありません。危険性を煽る根拠の無いデマにはご注意を。(例えば、乳がんやアルツハイマーとの関わりは否定されています。)

デメリットもう1個
夜に塗って朝に拭き取るのですが、塗った状態で寝るのでちょっと気持ち悪い感じはします。
朝によく洗い流さなきゃいけないのも、わりと面倒です。(とはいっても多くても週に1~2度なので、まぁそこは大丈夫。)

こんな感じのデメリットもありますが、うまく使えばかなり頼もしい制汗剤なので、安心のために持っておいても損はないと思います。1本で3ヶ月以上は持ちますしね。

これがあれば大丈夫!っていう安心を手に入れときましょー。

アットコスメの口コミも結構良いです。

アットコスメの口コミは厳し目なものも多いですが、「デトランスα」は149件の口コミがあって星が6つという好評価です。

デトランスα口コミ
「デトランスα」の正規品購入サイトへ

強い殺菌成分入りの【リフレア デオドラントクリーム】


ちょっと迷ったのですが、この手の塗り薬は強力なので出来れば避けてという意味でも紹介しておきます。

というか、ここまできたら病院の皮膚科を早めに受診することをおすすめします。

腋臭も皮膚科で診てもらえるので、専門医に適切な判断と指示をもらいましょう。(処方されるのはほとんどの場合、塩化アルミニウムでしょうけどやっぱり安心しますよね。)

で、リフレアなんですが。
強度の腋臭箘を退治する「ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)」という強めな殺菌成分が入っています。

リフレアに限らず、「ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)」を含むデオドラントの使用には気を付けてください。

長時間使用すると皮膚のかぶれ、湿疹、皮膚が厚くなる、色素沈着。また、真菌などのカビが増殖する可能性があります。

もし使用することがあっても、必ず少しだけ塗ってお肌に異常がないかテストしてくださいね。

手作りのミョウバン水と市販のデオドラント商品を使い分ける

ミョウバン,子供,デオドラント
ミョウバンのデオドラントは手作りでもできます。
消臭スプレーにしたり、コットンに含ませて脇に塗ったりして使います。

ミョウバンはだいたい一袋30gで100円くらいと安いんですよね。
漬け物用の焼みょうばんが使いやすいです。スーパー、ドラッグストア、100均にも売っています。

溶かしたり計量するのが面倒ですが、メリットは使う人の体質に合わせて濃度を調整できるところ。1度丁度良い分量が分かると、後は楽ですよ。

お肌の弱い子どもには、薄めに作ってあげるといいですね。
手作りのミョウバン水は欠点もあって、2〜3時間しか効き目が続かないので上手に使ってください。

なので、状況に合わせてデオドラント商品と使い分けるっていう感じが便利です。市販のデオドラントのほうが長く効くので、外出時は市販品が適しています。

ミョウバン水の作り方

手作りのミョウバン水、用意するもの

用意するもの
1.ミョウバン
2.500mlのペットボトル
3.100均のスプレーヘッド
あれば消臭効果がアップするもの
4.緑茶のティーパック
5.レモン

作り方は、500mlのペットボトルにミョウバン15gと水道水をいっぱいまで入れて、フリフリして溶かすだけ。

画像↑のミョウバンの半分で15g。ミョウバンの量は大体でも大丈夫ですが、一応計ったほうが次から濃さを調整して作りやすいですよ。

一晩置いとくと完全に溶けます。

心配なら最初はこれよりもっと薄めにして試してみると安心です、10gとか。薄くすると、消臭制汗効果も薄くなりますけどね。

さらにミョウバン水の中に、緑茶のティーパックやレモンを入れると効果が増します。

緑茶はカテキンに消臭作用がありますし、レモンは酸性が強く制箘作用があるので体臭予防効果が持続します。

冷蔵庫に入れて1~2週間くらいで作り替えると清潔に保てます。

スプレーにしなくても、コットンに付けて拭くという方法でもOKです。  

■注意点
⇨ミョウバン水はいくら安全といっても、全身や顔に吹き付けたりしないでください。発汗作用を抑えるので、体温調整に影響したり顔がかぶれたりすることもあります。

「オロナイン」が腋臭(ワキガ)の塗り薬にいいって口コミも理由はミョウバン

「うちの子はニオイ対策でオロナイン塗ってるよ」とかって聞きますよね。

オロナインの成分表を見ると硫酸Al/Kと書かれています。

硫酸Al/Kは硫酸カリウムアルミニウムといってこれ、ミョウバンのことなんです。

だから「オロナイン」でもいいんですけど、腋臭には素直にミョウバンを使った方がお肌には負担が少ないと思います。

(たぶん、オロナインに含まれるいろんな成分とミョウバンでニオイにもいいんでしょうけど、問題ない状態の皮膚に塗っちゃうと皮膚が慣れてしまいます。トラブル時にオロナインとかが効きづらくなるっていう可能性もあります。)

子どもの生活習慣などデオドラント以外の腋臭(ワキガ)対策も大切に

お風呂と運動はしっかりと!
肉やジャンクフードの食べ過ぎに気をつけて

小学生の子供、運動不足ということはあまりないと思いますが、お風呂はしっかり入っていますか?

シャワーだけで終わらせずに、しっかりと湯船に浸かりましょう。湯船に浸かることで、汚れや皮脂が浮き上がって取れます。

食べ物も大切です。

肉や脂っぽい食べ物ばかりだと、腋臭の原因のアポクリン汗腺が活発になります。
好き嫌いせずに、緑黄色野菜や和食も食べるようにしましょう。

バランスの取れた健康的な食生活が、臭いの予防にもなるってことですね。

子供の洋服とワキガ臭

とにかく普段は綿100%などの天然素材で乗り切りましょう。冬のアウターはウールで。(まぁそんなこと、分かってると思いますが。)

サイズ的なことをいえば、脇と衣類が密着しない少し大き目なのが臭いづらいです。

制服のカッターシャツもポリエステルが混ざってるので、綿100%の半袖インナーを着るとだいぶ良くなりますよね。

逆にポリエステル、レーヨン、ナイロンとか化学繊維や合成繊維はまじヤバいです。

ユニクロのヒートテックやエアリズムはワキガには本当に大敵なので、気をつけてください。ワキガ臭が倍増しちゃいます。肌着じゃなくて、エアリズムのパーカーでも本当にヤバくなるので焦ります。。

学校指定の体育着がポリエステル素材なのどうするか問題

で、問題なのが、

「体育着やユニフォームに、ポリエステル素材が混ざっている」

ということです。

1.体育着の下に綿100%でさらに抗菌防臭(消臭)加工の肌着を着させる
2.ワキガ専用の衣類用スプレーを使う

この2つの対策方法があります。
ちなみに、汗取りパッドはゴワつくので無理ですぅ。

綿100%で抗菌防臭(消臭)加工の肌着は、セシールやニッセンに売ってます。ただの綿100%の肌着よりも改善されますよ。

んで、中に肌着を着るのを暑くて嫌がっちゃう。または、肌着だけでは効き目が微妙。

という場合は、
ワキガ専用の衣類用スプレーで強力なのが売ってます。これに頼りましょう。

「ヌーラビオ」という衣類用の消臭スプレーです。

NHKの朝やってるニュースで知って使ってみたのですが、市販の衣類用消臭スプレーより強力です。

「ヌーラ」と「ヌーラ ビオ」という2種類ありますが、「ヌーラビオ」はとくにワキガ臭用のスプレーです。困ってたら試してみてください。持っておくと何かと便利ですよ↓

「ヌーラビオ」の公式サイトへ

わきがの原因は親から子供への優性遺伝(隔世遺伝はしません)

親から子供へのわきが遺伝
両親ともワキガの場合は80%
片親がワキガの場合は50%

この確率でわきがの体質は親から子供へと遺伝します。

アポクリン汗腺が多い、という体質が遺伝するんです。

耳垢が湿っている
肌着の脇の部分が黄ばむ

という特徴が表れます。

ワキガは優性遺伝(表に出やすい遺伝)なので、両親ともに非ワキガ体質なら子供もワキガにはなりません。親をとばして隔世遺伝するのは劣性遺伝(表に出づらい遺伝)だけです。例えば一重のまぶたとかは劣性遺伝なので、隔世遺伝します。

でもワキガは優性遺伝。だから祖父母がワキガだったとしても、親が両方ともワキガの体質でなければ孫にワキガの体質が引き継がれることはありません、理屈では。

もしこのへんで、モヤッとしているならですね。

本当にワキガかどうか?
どの程度のワキガなのか?

というのを、皮膚科で診断してもらうのも手です。というか、専門医に診てもらうの絶対的におすすめです。

子供のわきが、早めに病院(皮膚科)へ相談してみては

ワキガは腋臭症といって、日本ではちゃんとした皮膚科の治療対象です。

だから、ニオイのことで病院に連れて行くのが恥ずかしいなんてことはありません。

例えば、私が10代の頃に通ってたクリニックのサイトとか見るとワキガのことも詳しく書かれてますし、通院で子供の症状に合った塗り薬や飲み薬の処方治療をしっかりしてくれます。(このクリニック、いつも人気でめちゃ混んでます。)

子供のワキガ手術はどうなの?という気になることも相談できますしね。

私の場合は、腕の良い皮膚科クリニック(ちなみに葛飾区)を親戚に教えてもらいました。地域の情報はなかなかネットには落ちてないので、実際の口コミとか詳しい人に聞くのが1番です。

ネットで調べるには、地域の皮膚科クリニックのホームページにワキガのことが書かれているかどうか確認してみてください。ワキガのことが書かれていたら、結構ワキガ治療に力を入れてると思います。見つからないなら、病院に電話でワキガ治療のことをお問い合わせしてみてはどうでしょうか。

子供のワキガ手術や治療について(保険のことも)

子供は18歳頃の第二次成長期が終わるまでは、ワキガを完治させる手術は難しいといわれます。まだまだ子供は成長するので、ホルモンの分泌やアポクリン汗腺も発達途中だからです。(←この辺も専門医に相談するのが1番だと思います。)

ワキガ手術や治療についてまとめたので、とっかかりとして参考にしてください↓

メスを入れるワキガ手術は大きく分けて2種類。

1.医師が直接目で見ておこなうワキガ手術【保険適用あり】
2.特殊な器具を使用して直接目では見ずにおこなうワキガ手術

保険が適用されるワキガ手術は、1の医師が直接目で見ながらおこなう「剪除法(せんじょほう)」と呼ばれる手術方法のみです。

1.医師が直接目で見ながらアポクリン汗腺を取り除く手術方法【保険適用あり】

剪除法(せんじょほう)、別名で皮弁法とも呼ばれる手術方法です。

最も代表的なワキガの手術で、切開した皮膚を裏返して汗腺を1つ1つ目で確認して丁寧にハサミで取り除く方法です。保険が適用される唯一のワキガ手術。

費用は保険適用で、5万円前後です。

メリット
完治する可能性が高い。
重度のワキガの人にも効果的。

デメリット
医師の技術に左右される部分も大きい。
傷口は3~4センチと大きい。
ダウンタイムといって、手術後も圧迫(タイオーバー)や腕を動かせない時間が長い。

2.特殊な器具を使って、直接目では見ずにアポクリン汗腺を取り除く手術方法【保険適用なし】

シェービング法(イナバ式)
クアドラカット法

などと呼ばれる手術方法が一般的です。

クリニックによって呼び方が違ったり微妙に使う器具が違うようですが、基本的に皮膚を数ミリ切開して器具で汗腺を削り取りながら吸引、取り除くという方法です。

費用は40万円代のクリニックが多く、保険の効かない自由診療になります。

メリット
傷口が数ミリと目立たない
比較的、短時間でできる

デメリット
目で直接見ないで汗腺を取り除くので、再発の可能性も高いとされる。とくに重度のワキガの人。

手術については、メリットやデメリットを包み隠さずにアナウンスしてくれる信頼できるクリニックに出会うことが大切だと思います。

シェービング法やクアドラカット法は皮膚を数ミリしか切らずに施術できるので、小さい傷口ですみます。
その反面、完治の可能性はどうしても低くなりますし、保険適用される剪除法という手術方法よりも技術がいらないので、早さと効率を優先してシェービング法やクアドラカット法をすすめるという実情も一部あるようです。(逆に言えば、シェービング法やクアドラカット法は比較的に失敗も少なく、軽度の人には適しているということなんでしょうけど。)

城本クリニックのサイトにワキガ手術の種類、それぞれのメリットやデメリット、実情が分かりやすく書かれています。参考になると思います↓

参考:城本クリニック「わきが・多汗症の手術方法」

メスを入れないワキガの治療

ボトックス(ボツリヌストキシン)注射【保険適用あり】
医療脱毛
ミラドライ

などが、一般的です。

■ボトックス注射【保険適用あり】
⇨多汗症に有効で汗を半年くらいは止めてくれます。生活に支障をきたすほどの多汗症と医師に診断されれば保険が適用されます。ワキガのニオイも汗が止まることによって減少します。保険適用で、1回約3万円。

■医療脱毛
⇨毛根と一緒にアポクリン汗腺もある程度破壊されるので、ワキガ臭が軽減します。軽度のワキガの人にはとくに効果的。医療針脱毛(電気凝固法)が最もアポクリン汗腺を壊せますが、費用のことや施術できるクリニックが少ないなど、ややハードルが高い印象。ワキガ軽度の人は、医療レーザー脱毛を美容とニオイのことを兼ね合わせておこなう人も多いです。

(脱毛により、脇汗が多くなる可能性も。その場合はボトックス注射が有効。サロンでの脱毛は、ワキガの人には向かないのでご注意を。)

■ミラドライ
⇨マイクロ波を脇に照射して、汗腺を破壊します。傷跡の心配はほぼ無いですが、40万くらいかかる費用のわりに効果があるかどうか評価が分かれるといった印象。ミラドライ自体は、米国FDA(日本の厚生労働省)の承認も受けている医療機器です。

いろいろ参考までにまとめてみましたが、まぁただですね。

まずはやっぱり信頼できる皮膚科を見つけて相談、治療が大切だと私は思います。

それで本当に必要なら、皮膚科の先生と相談した上で保険適用されるボトックス注射や手術がおこなえる病院の紹介状を書いてもらうというのが現実的ではないでしょうか。

子どもの腋臭(わきが)対策、デオドラントを強い味方にすることで明るくなれる!

コンプレックスを植え付けないためにも、できることは全部やってあげたいですよね。しかも安全に!

何よりも皮膚科で専門医に診てもらうのが私は確実だと思います。さらにすぐに出来る対策として、早い段階で子供に合うデオドラントを見つけておけば心強いです。

普段使いには「デオナチュレ」や「手作りのミョウバン水」が、使いやすいですよ。

この2つに加えてですね。

皮膚科レベルのデオドラント「デトランスα(別名 パースピレックス)」を予備的にもっておくとかなり安心です。寝る前に塗れば1日中汗が止まりますからね。

使うときは週に1~2度塗れば大丈夫、1本で3ヶ月以上は持ちます。

この3つで
「皮膚への負担も少ない」
「コスパも良い」
「いろんな状況に対応できる」

という感じで、かなり使えます。

「デトランスα」はクリニックでも売ってたりしますが、普通に買うなら通販でしか売っていません。

今は2本セット&キャンペーン価格の2,900円で買えるみたいなので、必要そうならこの機会に試してみてはどうでしょうか↓

「デトランスα」の正規品購入サイトへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

気になる運動のときのワキガ対策は、こちら↓を読んでみてください。目一杯体を動かしても大丈夫なように!

運動する時のワキガ対策・スポーツで出る汗臭の対処法【運動部も見て!】