40歳から汗多いし臭うしワキガ?加齢臭?40代からの体臭対策

40代からの体臭対策

40代になって脇汗が増えてきたし、今まで感じなかった臭いがしてきた。

これってワキガ?
それとも加齢臭?(←女性にも加齢臭あります。)

更年期とかって関係ある?

とくに生活が変わったわけじゃないのに、フワッと布団の中から知らない臭いが、、、という人。

40代からのニオイケアを紹介します

あなただけではなく、みんな40代手前くらいから今までとは違った体臭が気になってきます。

少し戸惑っちゃいますが、自然のことなので心配しなくて大丈夫、堂々としてください。

少しだけ気を付けて今まで以上に素敵な生活を送りましょー!

40歳になって増えてきた体臭はワキガ?加齢臭?更年期の何か?

この臭いはワキガ?加齢臭?更年期の何か?と戸惑っているあなた。

最初に、あなたが何の臭いなのかをはっきりさせときましょー!

「ワキガになった?」と勘違いする人も多いけど、大抵は「普通の汗臭」

ワキガになった?と勘違いする人は多い

結論からいうと、ワキガの可能性はほとんどありません。

ワキガになった?と勘違いする人も多いですが、
「普通の汗臭」が、加齢臭や更年期的な症状と一緒に気になり始めたということが考えられます。

なぜならワキガ臭は、
「生まれつきアポクリン汗腺(ワキガ臭のする汗を出す穴)が多い体質」が原因。

遺伝によってワキガ体質は引き継がれて、思春期のころホルモンの影響を受けてワキガ臭は強くなります。

だから、40歳くらいからワキガ臭やスソワキガ(あそこの臭い)が急に始まるという可能性は少ないです。アポクリン汗腺は増えたりしませんからね。

(ホルモンバランスに関しては40代からの汗やニオイに関係あります。この先の更年期の汗とニオイで紹介しますね。)

一応、ワキガかどうか気になる人は簡単なチェック↓をしてみてください。

1.耳垢が湿っている
2.洋服の脇の部分の汗ジミが黄ばむ
3.脇毛が太くて多い(男性の場合は細い猫毛がたくさん)
4.両親のどちらか、または両方ワキガである

全部にチェックが入る人はワキガの確率が高いです。

多分当てはまらないと思います。

ワキガ臭の特徴は、

「鉛筆の芯だったり、スパイスっぽいツーンと鼻に刺激のある臭い。」

一時的に疲労や体調不調、ムレが重なって雑菌が繁殖すると、ワキガ臭っぽい臭いがすることは誰にだってあります。

ワキガ臭を発生させるアポクリン汗腺は、みんな多少はあるのですから。
程度の問題でもあるので、気にし過ぎないことが大切です!

女性も加齢臭は発生する

加齢臭は女性にも誰だって発生する

加齢臭は男女関係なく、発生します。

「ろうそく、日向においた古い本、チーズ、おじいちゃんの臭い」といった感じのニオイです。

すごく単純にいえば、
「体の脂がサビて発生するニオイ」なんです。

ちょっと、仕組みを紹介↓

年齢を重ねると皮脂腺の中にパルミトオレイン酸(脂質の一種)が増加。

同時にサビた脂分である過酸化脂質(サビた脂質の総称)も皮脂腺の中に増える。

パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びつき「ノネナール」が発生。

という感じです。
加齢臭の元は、皮脂腺で作られるこの「ノネナール」という物質なんです。

年を重ねると、ある程度は誰だって加齢臭は発生します。

加齢臭の対策は「体内の脂質」と「体をサビさせる活性酸素」を抑えること

問題は、

増え過ぎた「体内の脂質(脂肪分)と、体をサビさせる活性酸素」です。

不摂生をしちゃってるかなっていう人は、とくに気をつけてください。

不健康な生活を送っているという人は加齢臭も強い!ということですからね。

体内の脂質(脂肪分)

分かりやすい指標として、血液中の脂質である中性脂肪値やコレステロール値があります。

高めな人は数値を下げることが大切。皮脂腺にも同じように脂質が多くなっています。この脂質がサビると加齢臭の材料「過酸化脂質」になるんです。

肉類、マヨネーズ、バターなど油っこい食べ物を控えて、野菜や青魚をたくさん食べましょう。

体をサビさせる活性酸素

ストレスをためこまないことが何よりも体臭対策には大切です。
脂質の酸化(過酸化脂質)も含め、体内をサビさせる大きな原因は「体や心へのストレス」だからです。

じゃあ、どうすれば?というと。

運動をしましょう!

運動は、ストレスも吹き飛ぶし汗をかくことでニオイ対策にもなります。

それから、何度も見てきたとは思いますが。。

過剰なお酒
タバコ
睡眠不足

も、体へのストレス。活性酸素が活発になる原因ですからね。

つまりですね。
いわゆる正しい生活習慣を送りましょうということに尽きます。

まぁ、それが難しいんですけどね。息抜きしつつ、ほどほどにがんばりましょー。

更年期による汗と体臭

更年期による汗と体臭について

40歳くらいから、

「暑くもないのに、汗がなんだか最近すごい」
「動いてないないのに、汗とニオイがひどくなってきた、、」
「昼だけではなく寝汗もかくようになってきた」

こういう状況な人。
女性ホルモンが少なくなって起こる更年期の症状の1つということが考えられます。

女性ホルモンは、汗を調整する働きもします。

だから、
女性ホルモンがとくに減る40代以降は、汗の調整がうまくいかなくなるんです。

更年期の症状の1つ。
ホットフラッシュ(一気に出る滝のような汗、ほてり、のぼせ)が代表的ですよね。

更年期の汗の特徴として、

ベタベタした汗で臭う。
イライラや不安などと一緒に発汗。
顔や首、胸などにぐっしょりと汗をかく。
手足にはほとんど汗をかかず、冷えもある。

こういう特徴があります。

更年期の汗と臭いの対策

更年期の汗は、出てしまうものなので慌てずにどっしりと対応しましょう。

「汗が吹き出してきたら、腹式呼吸でゆっくり深呼吸をする」

ということが、シンプルな対策方法です。

自律神経のうち交感神経(緊張時や興奮時に働く神経で、汗を出す)の働きがやわらぎ、症状が軽くなります。

更年期の多汗はホルモンのバランスが崩れ、それによって自律神経の調節がうまくいかないことで発生します。

だから、瞬時の時にはですね。
呼吸を整えて、なるべくリラックスするということがシンプルに大切なんです。

交感神経の代わりに、リラックスしているときに働く副交感神経が働き、汗を抑えてくれます。

更年期のベタベタ汗は、サラサラな良い汗をかくことで予防する

サラサラとした良い汗をかくことが、ベタベタとした多汗とニオイの予防につながります。

「日常生活でどうしたらいいの?」というとですね。

入浴
運動
食事

この3つを改善することで、汗とニオイの問題も改善します。

体をしっかりと温めて、血液の流れを良くする。
そして、気持ちいい汗をかきましょうということです。

冷えが改善すると同時に、多汗の予防になります。 

【入浴】
入浴は、湯船にゆっくりとつかってください。
普段の入り方は、冷えにも良い全身浴がおすすめ。38〜40度のお湯に10分はつかりましょうね。

とくにいやな体臭を減らしたいのなら、朝ではなく夜です。
湯船につかることでアンモニア臭の原因の乳酸が減った状態で眠れるので、翌日の体臭も減ります。

【運動】
有酸素運動を毎日20分はしましょう。
息が少しだけ上がる程度の、呼吸が整う運動が有酸素運動です。

ウォーキングなら、少し早歩きっていう感じです。

足を動かすことで全身の冷えが改善するので、ウォーキングは最適ですよ。

【食事】
ショウガは、良い汗がかきやすくなる食べ物の代表です。

とくにお風呂上がりの生姜湯はとても効果的なので、飲んでみてください。
手軽な粉末の生姜湯でOKです。

汗が出た後も、冷たいものはなるべく止めておきましょうね。
冷たいものは血行を悪くして、多汗が進んでしまいますから。

「大豆のイソフラボン」と女性ホルモンは、体内で同じような働きをする

大豆のイソフラボンが女性ホルモンと似た働き

大豆食品を意識的に食べるようにしてみてください。

大豆の中には「イソフラボン」という、「女性ホルモンのエストロゲン」と同じような働きをする成分が含まれているからです。

エストロゲンは?というと。
女性の美容や健康をつくり、汗を調整する自律神経も安定させてくれるホルモン。

生理が終わった後の排卵期直前に多く分泌されます。

「お肌や髪もツルスベ!気分も調子も良い!」
というときに多く分泌されているホルモンです。

わたし絶好調!
を作ってくれる「エストロゲン」が40歳前後からとくに減少していくのですから、ちょっと大変なんです。

で、どうしたらいいの?というとですね。

大豆食品を食べるようにしましょうということになるんです。

「大豆のイソフラボン」が体内で「エストロゲン」と同じような働きをしてくれますからね。

ちなみに。
もう1つのプロゲステイン(黄体ホルモン)という女性ホルモン(排卵から次の生理まで分泌)。肌荒れやイライラなど不快な症状をつくるホルモンで、こちらはあまり気にすることはありません。

「大豆イソフラボン」には抗酸化作用もある

「大豆イソフラボン」はポリフェノールの一種ですから、活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。

ニオイや老化の原因「サビ」を防いでくれるんです。

過剰な活性酸素は、どんな年齢だろうと体臭に大敵です。

例えばですね。
加齢臭のところでも紹介しましたが、ストレスで活性酸素は多く発生しますし、不摂生な生活でも活性酸素は多く発生します。

こうした生活の中で出る「体がサビているニオイ」というのが、イヤな体臭のほとんどです。

そういった意味でもですね。
大豆は抗酸化作用もあるので、美容や更年期対策にだけではなく、体臭対策にも救世主的な食べ物なんですよ。

他にも「たんぱく質、ミネラル、ビタミン、食物繊維」なども含まれており、スーパーなフードです!

大豆イソフラボンを含む食品は何をどのくらい1日に食べればいいの?

1日に目標として50mg~70mgの大豆イソフラボンを目標にしてみてはどうでしょうか。

1日に50mgは摂れればOKみたいな感じで。

食品に含まれるイソフラボン量

煮豆100g:約72mgのイソフラボン

豆腐の小さいパック(150g)1つ:約30mgのイソフラボン

納豆1パック(45g):約33mgのイソフラボン

豆乳1本(200g):約50mgのイソフラボン

油揚げ1枚(30g):約12mgのイソフラボン

みそ汁1杯(味噌の量が16g):約8mgのイソフラボン

※厚生科学研究(生活安全総合研究事業)食品中の植物エストロゲンに関する調査研究(1998)より

こういう感じ↑で、大豆食品にイソフラボンは入っています。

1日に1〜2回ほど、ちゃんとした和食を食べればまぁ大丈夫ですよね。それか、豆乳を飲めば大丈夫っていう感じ。

とはいってもですね。ちょっと古い情報ですが、
2002年の国民栄養調査(厚生労働省)から換算すると

日本人は平均して、
1日16〜22mgくらいしか大豆イソフラボンを摂れていません。

意外と毎日に平均すると大豆は食べられてないので、ちょと意識してみてください。

この50mg~70mgというイソフラボン目標量はどこから?というと。

内閣府食品安全委員会では、1日に70~75mgまでの大豆イソフラボン(アグリコン)を毎日欠かさず摂り続けても安全としています。
(サプリメントや健康食品での上限は、そのうち30mg)

イソフラボンの摂取量には、いろんな説があります。
1日に50mgだったり、75mgは摂ったほうが良いなど。

例えば、食品会社のフジッコさんでは毎日75mgのイソフラボン(アグリコン)を、健康のための目標値にしています。

そういうことから、安全でかつ健康的な摂取量として「1日に50mg~70mgのイソフラボン」を目標にしてみてはどうでしょうかということです。

参考:
内閣府食品安全委員会「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」
フジッコ「イソフラボンのチカラ」

※ここでの「イソフラボン」は全て「イソフラボンアグリコン(イソフラボンから糖を切り離した状態)」として換算しています。
イソフラボン量の計算はちょっとややこしくて誤解を生みやすいのですが、全て同じ基準(アグリコンとして)に換算しているので大丈夫です。

「大豆イソフラボン」によって、体内で作られる「エクオール」

「エクオール」という成分が注目を集めているのは、ご存知ですか?

「大豆イソフラボンが、体内で女性ホルモンに似た働きをする源はエクオールだった」ということで話題ですよね。

で、エクオールはどっからきた?というとですね。

大豆イソフラボンは、

「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」

の3種類に大きく別れます。

で、その一種の
「ダイゼイン」が腸内の細菌によって代謝されて、自分の腸内でつくられた成分が「エクオール」なんです。

「大豆イソフラボンのダイゼイン」

「自分の腸内細菌」

で、生み出されるのが「エクオール」ということです。

とはいってもですね。

「エクオール」も結局、「大豆」を元にして腸内で作られるので、普通に大豆食品を食べていればやっぱり大丈夫です。

といいたいところなんですが、ちょっと問題があります。

「大豆イソフラボン」から「エクオール」は2人に1人しか作れない

エクオールは、大豆を食べても2人に1人しか作れないんです。

「大豆イソフラボンのダイゼイン」

「自分の腸内細菌」

で、生み出されるのが「エクオール」

なのですが、

「エクオールを作る腸内細菌」を持っていない人が、2人に1人いるんです。

「大豆食品はそれなりに食べているけど、どうも不調」という人は、「エクオールを作る腸内細菌」を持っていないのかもしれません。

エクオールには、

エストロゲンに似た働き
逆にエストロゲンが多過ぎると、働きを抑える

という、作用が認められています。

ちなみに、体をサビから守る抗酸化作用もあります。

ということで、ちょっと大変なら。
今はエクオールがそのまま摂れるサプリメントがあるので、試してみてはどうでしょうか。

エクオールを作れる人でもですね。
体内に蓄積されることはなく、1〜2日で体外に排出されますし、腸内環境の変化でエクオールは作れなくなることもあります。

いずれにせよ毎日大豆を食べなければいけないので、栄養のサポートとしてサプリを活用してみるのもありだと思います。

大塚製薬の【エクエル】

大塚製薬のエクエル
エクオールサプリの代表的なものは、大塚製薬の「エクエル」です。

1日4粒で、1日に必要な10gのエクオールを摂取できます。

とっても有名なサプリで、口コミもたくさんある間違いないものです。

「とりあえずエクオールのサプリを試してみたい」

という人は、この「エクエル」から始めてみてはどうでしょうか。

価格は1ヶ月4,000円くらいです。

「エクエル」の公式サイトへ

Amazonを見る

ニオイケアには、とくにおすすめ【キレイ・デ・エクオール】

キレイ・デ・エクオールは40代からのニオイケアにもおすすめ
「キレイ・デ・エクオール」の詳細はこちら

体内をスッキリ、体臭ケアをより重視するなら「キレイ・デ・エクオール」がおすすめです。

なぜかというと、

ホルモンバランスを整えるエクオール
腸の環境を整える乳酸菌や食物繊維

など、ニオイケアにも本当に良い成分がそのまま詰まったサプリメントだからです。

カップヨーグルト10個分の乳酸菌+食物繊維(難消化デキストリン)。
エクオールが腸に吸収されやすい。
腸の中を整え、悪臭の元となる成分を排出。

りんごセラミド+りんごの食物繊維+ポリフェノール。
体をサビから守る抗酸化力と腸内環境スッキリをより強化し、美容もサポート

エクオール自体も、2粒で1日分の10mg入っています。

続けるものなので、1日に2粒だけでOKっていうのは楽チンです。

価格
定期便の初回1ヶ月3,980円(税込み)。
2回目からは1ヶ月4,980円(税込み)。

大塚製薬のエクエルが1ヶ月4,000円くらいなので、価格的にもう少し出せるという人は検討してみてもいいと思います。

乳酸菌や食物繊維、ポリフェノールも一緒に毎日摂れますからね。

とくにEC-12という乳酸菌は腸内環境を整え、ニオイの原因にもなる腐敗物を減少させる乳酸箘。

EC-12乳酸菌だけのサプリやドリンクでも、1ヶ月分1,000円以上はします。
そういうことを考えたら、お得かもしれませんよね。

ということで。
1日2粒だけで本当のあなたに回復できる一押しサプリ、気になったらチェックしてみてください↓

\キレイな香りで肌ツヤも良く軽い感じ!っていうあなたを取り戻しましょ!/

送料無料「キレイ・デ・エクオール」公式サイトはこちら

エクオールを作れるかどうか検査できる「ソイチェック」

ソイチェックでエクオールがつくれるかどうか検査できる
エクオールが体内で作れるかどうかは、わりと簡単にできます。

「ソイチェック」っていう検査キットが売ってます。
購入したら、採尿した尿を郵送するだけです。

Amazonとかで普通に4,000円くらいで売ってるので、心配な人は試してみてください。

注意点!
必ずエクオールのサプリを飲む前に「ソイチェック」はしてください。
エクオールサプリを飲んだ後に検査すると、エクオールを作れない人でも100%エクオール産生者って出てしまいます。

Amazonを見る

まとめ・ニオイや汗と上手く付き合って、今まで以上に素敵に!

40代からの体臭対策・まとめ

大人のニオイケアをきっかけに、今まで以上に素敵になりましょー!

ストレスや疲労をため込まずに、生活習慣を整えることが1番の体臭対策です。
その上で、40代からの体の変化に対応したニオイケアをしていきましょう。

まず、【ワキガ】はというと

40代から突然ワキガになるという可能性は低いです。
一時的にワキガ臭っぽい(とあなたが感じる)ニオイがするという場合でも。

40代からの体の変化やストレスがたまる年代ということが重なった誰にでもあるニオイの不調です。
だから、気にし過ぎずに体や心を休ませてあげることが大切です。

【加齢臭】にしてもですね

年を重ねると、多かれ少なかれ誰にでも発生するニオイです。

問題は、生活習慣病になってしまうような不摂生な生活。
具体的には、体内の過剰な脂肪分(脂質)やストレスで増える体をサビさせる活性酸素です。

・脂っこい肉や揚げ物を控える。
・お酒は、ほどほどに。タバコは止める。
・野菜はたくさん食べる。
・運動や睡眠は大切にして、ストレスをためこまない。

といういわゆる正しい生活習慣をなるべく心がけてください。これが難しいんですけどね。

【更年期の汗やニオイ】について

原因は、40歳前後からのホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスというのは、汗やニオイに大きく関係しています。

・呼吸を整えて、自律神経を整えること。
・体を温めて血の巡りを良くすること。

という感じで、リラックスしたり、良い汗をかくことで多汗予防をすることが大切です。

エストロゲンという女性ホルモンが減少することが大きな原因ですから、エストロゲンと体内で同じような働きをする大豆食品(イソフラボン)を意識的に食べることが大切です。

そこでイソフラボンから、もう一歩進んだ「エクオールのサプリメント」なんかも、柔軟に試してみてはどうでしょうかということでした。

エクオールサプリで代表的な「エクエル」はこちら

エクオールの他に、ニオイケアにも良い成分がこれ1つにギュッと詰まった「キレイ・デ・エクオール」はこちら

という感じで。
ニオイは誰にでもあるものですから、上手くニオイと付き合って毎日をよりハッピーにしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。