世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

ケアプラン 長期目標 短期目標 文例【セルフケア・胃瘻・歩行器・認知症・施設】

ケアプラン 長期目標 短期目標 文例【セルフケア・胃瘻・歩行器・認知症・施設】

 

ケアプランには、長期目標と短期目標があります。

 

各利用者が、どのような介護サービスを受ければクオリティの高い生活を送れるか考え、介護サービスを組み合わせて作る計画書です。

 

例えば、長期目標として、「歩行器を使わずに歩けるようになる」などがあります。

 

介護保険サービスを受ける時、必ずといっていいほどケアプランが必要です。

要介護、要支援の方どちらにもケアプランは必要なのです。

 

ケアプランを作成するのはケアマネージャーです。

 

セルフケアプランって何?

 

 

ケアプランもありますが、セルフケアプランというのもあります。

 

普通のケアプランは、利用者や家族、サービスを提供する担当者が共有します。

 

普通は介護支援専門員であるケアマネージャーがケアプランを作りますが、自分でケアプランを作成することも認められています。

 

自分で、というのは、支援や介護を受ける利用者自身ということです。

利用者が作成したケアプランを、セルフケアプランと呼びます。

 

セルフケアプランを作るにはどうする?

 

好き勝手にセルフケアプランを作れません。

まずはセルフケアプランを作ることを窓口に伝えます。

 

あなたが住んでいる市町村の窓口に伝えれば、セルフケアプランを作成する上で必要な書類がもられます。

 

自分の生活上の悩みや日常で困っていることなど、問題点を自分で挙げていき、利用したいサービスを選びます。

 

どの事業者からどのようなサービスを受けたいのかあなた自身で選ぶのです。

要介護によって介護サービスの支給限度額が異なるため、その限度額も考慮しなければなりません。

 

もし利用するサービスの金額が支給額を超えた場合、その超えた金額は自己負担です。

 

セルフケアプランが完成したら、利用したい事業所にサービス内容を伝えて予約をとります。

 

事業所がサービスできる!となれば、セルフケアプランを市区町村の窓口に提出し、確認してもらいます。

 

問題がなければ各事業所に予確定の連絡をします。

 

サービスはセルフケアプランに基づいて実施され、1カ月後にサービスの利用実績について、あなたが市町村の窓口に提出します。

 

これが毎月繰り返されます。

 

ちなみにセルフケアプランでなくてケアマネージャーにケアプランを作成してもらった場合でも、自己負担はありません。

 

胃瘻も介護が必要です

 

胃瘻介護は珍しくなくなってきています。

 

胃瘻とは、身体機能が著しく低下してしまい、自分で食事するのが困難になった人が、胃から直接栄養をとる措置です。

 

胃瘻というのは本来、チューブで胃に直接栄養を送り込む穴です。

胃瘻を作ると栄養補給のためのルートが出来上がります。

 

胃瘻ならできる限り体に負担をかけずに栄養を摂取できます。

 

対象者は深刻な認知症を患い、自分で口から食事をとるのが難しくなってしまった人です。

 

また、食べ物を飲み込もうとするとむせてしまい、誤嚥性肺炎を引き起こそ恐れが高い人です。

 

施設のケアプランについて

 

介護施設に入居したら、利用者にふさわしい介護サービスを検討、実施するため、職員がケアプランに基づいて動きます。

 

介護サービスのルーツとなるのが、ケアプランなのです。

 

介護保険法によっても、ケアプランは義務づけられています。

ケアプランなくては介護サービスができません。

終わりに

いかがでしたか?

ケアプランは介護業界におていてとても大切な書類の一つです。

ケアプランがなければ介護サービスは開始できません。

また、開始してからもケアプランに基づいてスタッフは動くため、綿密に作成する必要があります。

ケアマネージャーに依頼して作ることが多いですが、介護サービスを受ける本人が作成しても問題はありません。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.