世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

ご査収 意味【読み方・返信・例文・上司・メール・使い方・いみ・使い方・imi】

ご査収 意味【読み方・返信・例文・上司・メール・使い方・いみ・使い方・imi】

ビジネスメールで「ご査収」という表現を使うことがあります。

 

このご査収の意味を知っておけば、メールや手紙でも使い方を間違わずに済むでしょう。ご査収は敬語なので、上司やお客さんなど目上の方に対して使うのに適しています。

 

添付物と一緒にメールを送る際、「ご査収」を使うとより丁寧な印象です。

 

ご査収の読み方は、ご査収(さしゅう)となります。

似た言葉に「ご検収」がありますが、使い方は少し異なります。

 

ご査収の意味

 

相手からのビジネスメールで、「ご査収」という言葉が来て意味がわからなかったことはないですか?

 

社会人歴が長ければもうご存知かもしれませんが、新卒の新社会人の方や、あまりビジネスメールに慣れていない方は知らないかもしれませんね。

 

ご査収のいみは、「よく調べた上で受け取ること」となります。

 

相手に「精査してほしい」ことを伝えるために「ご査収」といいます。

 

メールやビジネス文書で「ご査収」という言い回しを使うことが多く、口頭ではあまり使われません。

 

何か相手に精査してほしい資料や文書があれば、「ご査収」という言葉を付けると丁寧になります。

 

上司や顧客など、あなたにとって立場が上の人にご査収という言葉を使います。

 

「ご査収」の例文

 

ご査収は敬語なので少し堅苦しく感じるかもしれません。

 

少し柔らかさを出すなら、

 

「ご査収のほどよろしくお願いいたします」

 

などとするとマイルドな表現になります。

 

「ご査収」に対する返信は?

 

あなたが上司やお客さんの立場で、「ご査収をよろしくお願いいたします」といわれた時、

返信では何を返せばいいでしょうか?

 

例文としては、

 

「受領しました。」

 

「受け取りました。」

 

などが正しい返答です。

 

「ご査収」を使う時は添付物が必須!

 

添付物がないのに「ご査収」という言葉を使っていませんか?

添付物がない時は、基本的にご査収を使いません。

 

というのも、ご査収するものがないため当然ですね。

 

ご査収は堅苦しすぎない?

 

ご査収は丁寧な印象になるかといって、やたら「ご査収」を使うべきではありません。
上司やお客さんなど、明らかにあなたにとって
目上の立場の人ならいいのですが、
堅苦しいと逆によそよそしく、慇懃無礼にみられることがあります。

あなたにとって下の立場の人に対して、
あまり「ご査収」という言葉は使いません。

また、対等な立場の同僚や友人に対して「ご査収」を使うのも
馴染まないでしょう。

このように、「ご査収」を誰でもかんでも使うのは好ましくありません。

シチュエーションや相手の立場を考慮し、使い分けることが大切です。

 

ご検収との違いは?

ご査収を使えるようなところで、「ご検収」を使っても意味は伝わるでしょう。

しかし厳密にいうならばご検収は請求書やデータのチェックなどでよく使われます。

例えばあなたが請求書を出してお客さんに提出する時、「ご検収のほどよろしくお願いします。」と添えると丁寧です。

請求書の時は、あまりご査収という言葉を使いません。

ご査収は、例えばあなたが書いたオリジナルの原稿などをチェックしてもらう時に使います。

「いたします」はひらがな?漢字?

「ご査収のほどよろしくお願い致します。」と書いた場合、丁寧なのは伝わってきますが、あまりに堅苦しいと思いませんか?

致しますの部分は、「いたします」とひらがなでもいいです。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

「ご査収」という表現を初めて聞いた方も多かったかもしれません。

ご査収のimiは、要するに相手に添付物をチェックしてください、精査してくださいと丁寧に伝える意味です。

 

使い方としては、メールや手紙が一般的で、口頭で使うことはあまりありません。

もちろん、使っても間違いではありません。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.