世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

東海東京証券オンライントレード ログイン画面【申し込み・ユーザ認証・カスタマー】

 

東海東京証券オンライントレード ログイン画面【申し込み・ユーザ認証・カスタマー】

東海東京証券は、愛知県名古屋市に本社のある独立系証券会社の一つです。

1929年に設立され、2009年4月には持株会社に移行しました。

 

東海東京証券の公式ホームページ

 

http://www.tokaitokyo.co.jp/

 

口座開設をする場合はこちらから

 

http://www.tokaitokyo.co.jp/kantan/request/index.html

 

 

東海東京証券で証券取引するには、取引口座が必要です。

上記から東海東京証券の口座開設をしましょう。

 

東海東京証券の口座開設はとてもシンプルなステップで済みます。

というのも、印鑑や届出の手間がないのです。

 

最短3日で取引をスタートできます。

 

しかもすべての口座開設の手続きはオンラインで完結します。

自宅や会社のデスクからも気軽に口座開設できるでしょう。

 

その所要時間は最短15分です。仕事や作業の隙間時間にできそうですね。

 

東海東京証券にはオンライントレードもあります

 

東海東京証券では証券取引がメインとなります。

 

窓口や電話でも取引ができますが、非対面で取引して効率を高めたい場合、オンライントレードを利用するといいでしょう。

 

東海東京証券のオンライントレードなら、全部の取引がオンラインで完結します。

窓口に行く必要も通話の必要もないため、マイペースに取引ができるんです。

 

東海東京証券オンライントレードのログイン画面

 

http://www.tokaitokyo.co.jp/kantan/online/index.html

 

ただし、上記のログイン画面はpcの時だけ適用され、スマホからはログインできないので気を付けましょう。

 

まだ東海東京証券オンライントレードの口座を持っていなければ、下記から無料で口座開設ができます。

 

http://www.tokaitokyo.co.jp/kantan/request/index.html

 

申し込みの流れですが、まずは氏名とメールアドレスを記入して仮登録をします。

 

あなたが登録したメールアドレス宛てに、東海東京証券オンライントレードから

メールが届くでしょう。

 

同一のメールアドレスから複数人の申し込みはできないので気を付けましょうね。

 

流れを整理してみると次のようになります。

 

  1. メールアドレスを仮登録
  2. 東海東京証券側で申し込み内容を審査
  3. 開設のご案内を簡易書留で郵送

 

申し込んだら東海東京証券オンライントレード側で受理し、内容に不備がないかチェックします。

 

問題がなければあなたの自宅に、簡易書留でidやパスワードが届きます。

個人情報になりますので、大事に保管しておきましょう。

 

もちろん途中でパスワードの再発行も可能です。

 

尚、口座開設にあたっては情報入力だけでなく、添付書類のアップロードも必要なので気を付けましょう。

 

マイナンバーが記載された書類や、運転免許証など、個人を特定できる本人身分証明書を添付します。

 

東海東京証券オンライントレードのユーザ認証

 

オンライントレードにアクセスできない時のために、障害対応サイトを備えています。

普通にログインできない時は、下記からユーザ認証できないか確かめてみましょう。

 

https://onlinetrade.tokaitokyo.co.jp/smart/rmfIndexWebAction.do

 

パスワードを忘れた場合

 

パスワードを忘れてしまったら、障害対応サイトでもユーザ認証は正しくできません。

 

このような時はパスワードの再発行が必要です。

 

カスタマーサポートセンターまで口座名義のご本人が連絡すれば、再発行の手続きができます。

新しいパスワードでユーザ認証ができ、ログインできるはずです。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.