世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

レターパック 追跡 お問合せ番号【が見つかりません・12桁・プラス・ライト・方法・サービス・入力】

レターパック 追跡 お問合せ番号【が見つかりません・12桁・プラス・ライト・方法・サービス・入力】

 

日本郵便の郵便サービスの一つに、レターパックがあります。

 

レターパックには追跡サービスがあるため、もし自分が配送に出したレターパックの行方が気になる場合、利用してみるといいでしょう。

 

ちなみに追跡調査は下記からできます。

 

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

 

レターパックの追跡をするには、お問合せ番号を入力する必要があります。

 

レターパックのお問合せ番号は、11桁から13桁の数字です。

 

追跡調査をしたのに「お問合せ番号が見つかりません」となる時

 

荷物を配送した当日にすぐ追跡調査をしても、お問合せ番号が見つかりませんと出てしまうでしょう。

 

というのも、配送してすぐの場合は反映に多少時間がかかるからです。

 

お問合せ番号自体は間違っていなくても、追跡サービスに最新情報が反映されていなければ表示されないのですね。

 

レターパックを配送してからすぐ追跡調査はしないようにしましょう。

お問合せ番号が見つかりませんと出た場合は、もう少し時間をおいてから利用しましょう。

 

レターパックには2種類あります

 

一口にレターパックといっても、

 

  • ライト
  • プラス

 

と2種類あります。

 

レターパックプラスもライトも、お近くの郵便局やコンビニで購入できます。

 

例えば20部セットのレターパックプラスを買う場合は、520円で買えるでしょう。

 

レターパックライトとは

 

レターパックライトはA4サイズ以内で4キロ、厚さ3センチいないのものを発送できます。

全国一律370円かかります。

 

この料金は、レターパックプラスよりも安いです。

 

もし相手に対面で荷物を手渡してほしいわけでないなら、レターパックライトでも十分でしょう。

 

ポストや郵便局から発送し、配送先のポストに投函します。

ポストに入らない場合は、不在通知表が入ります。

 

レターパックプラスとは?

レターパックプラスは、全国一律520円かかります。

A4サイズ内で4キロ以内なら厚さに制限がありません。

 

ポストや郵便局から投函すると、配達員が送付先に対面で配達してくれます。

不在の時は不在票が入るでしょう。

 

レターパックの発送方法は?

 

レターパックの発送方法についてですが、コンビニや郵便局の窓口からも発送できます。

 

もし赤いポストに入るような厚さ、大きさなら自分でポストに投函して送ることもできます。

 

ポストに投函できますが、投函前にレターパックの袋の下側に、12桁の問い合わせ番号があるので、はがして保管しましょう。

 

そのまま送ってしまうとあとで追跡する時、問合せ番号がわからなくなってしまいます。

 

郵便局からは、普通に窓口に持ち込めば受け付けてもらえるでしょう。

 

レターパックの宛名入力が面倒?

 

レターパックに宛名印刷をしたいと思ったら、下記の宛名印刷のフォーマットを利用するといいです。

 

https://www.bizocean.jp/doc/detail/534538/

 

上記の書式をダウンロードしましょう。

 

レターパックライトの宛名印刷では、シールなどにプリントアウトして使います。

住所録を登録すれば、登録した番号で住所を呼び出せるようになります。

終わりに

いかがでしたか?

レターパックにはライトとプラスの両方あります。

送る荷物の厚さや重さ、相手にどのように届けてほしいかでどちらか選ぶといいでしょう。

また、外部のwebサイトからもレターパックライトとプラスの宛名印刷ができて便利でしょ。

まずは書式をダウンロードし、必要事項を入力したら宛名が出来上がります。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.