世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

ローン返済シュミレーション【計算式・エクセルの関数・ボーナス併用・繰上げ返済・返済予定表】

 

ローン返済シュミレーション【計算式・エクセルの関数・ボーナス併用・繰上げ返済・返済予定表】

ローンを組む前にローン返済シュミレーションをしてみると、ゆとりあるローンライフを送れるでしょう。

 

いくら借りるか、何年間で返済するプランにするかによって、毎月の返済金額が違ってきます。

 

毎月の返済額は、ボーナス月の返済額を計算し、無理のない計画を立てるといいでしょう。

 

シミュレーションは入力した項目に基づき、算出した概算値です。

返済の目安になるでしょう。

 

ローン返済シュミレーションをする時は、例えば下記からできます。

 

https://www.jabank.org/money/myhome.html

 

どのようなローン返済シュミレーションができるかというと、

 

  • 返済可能金額
  • 繰上げ返済
  • 新規借入

 

などです。

 

マイカーのローン返済シュミレーション

 

自動車ローンを組みたいと検討中なら、下記に必要な金額を入れて計算してみましょう。

 

https://www.michinokubank.co.jp/general/simulation/mycar.html

 

 

金利から利息を求める計算式

 

金利はわかるものの、利息がどれくらいになるかわからないことってないですか?

 

住宅ローンの利息計算では、元本に対して金利をかけて利息を計算できるのが一般的です。

 

金利は通常「年利」で表されます。

 

年利を12で割った月利で毎月の利息を計算するのです。住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済があり、それぞれで利息金額の計算法が異なります。

 

元利均等返済は、5年に一度など見直しの時期まで毎月一定額を返済する方法です。

 

月の返済額から利息を引いた額が元金返済に充てられるのです。

 

借入当初は返済額に占める利息の割合が大きく、返済が進むにつれて元金の割合が増えていきます。

 

元利金返済では、初めに毎月の返済金額を計算します。

 

毎月の利息金額は、直前のローン残高に金利をかけて計算し、毎月の返済額から返済額を差し引いた金額が元本返済額です。

 

計算式は下記に出ているので参考にしましょう。

 

https://mponline.sbi-moneyplaza.co.jp/housingloan/articles/20200903risokukeisan.html

 

エクセルの関数でローン返済シュミレーションがわかる?

 

ローン返済シュミレーション用のwebページを利用するのもいいですが、エクセルの関数でローン返済シュミレーションをするのもいいでしょう。

 

ローン返済シュミレーション用のwebページを利用するのもいいですが、自分で計算する方法を知りたい方もいるでしょう。

 

エクセルの関数を一つ知っているだけでも、簡単に計算ができます。

 

返済予定表も作成できるのです。

 

慣れれば5分でできるでしょう。

 

ボーナス併用払いにすると返済額が低くなる?

 

ボーナス併用払いがあります。

毎月払いに加え、ボーナスが出た月にまとまった金額を支払います。

 

住宅ローンとして借りたお金を、毎月返済額とボーナス時増額返済に分けて、それぞれローンを並行して支払います。

 

住宅ローンで毎月支払いを利用する時、

 

  • 5日
  • 15日
  • 25日

 

など、金融機関と毎月の返済日について契約し、毎年12回返済していきます。

これが住宅ローンの一般的な支払方法なんです。

 

一方で、ボーナス併用払いを利用すると、毎月払いに加えてボーナス時にまとまった金額を支払います。

 

年12回の返済とは別に、ボーナス月に合わせて住宅ローンの返済額を、ほかの月より増やして支払います。

 

毎月の支払に加えて、毎年2回賞与が出る時、返済額を多くすることで毎月の基本の返済額を少なくできる仕組みです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

住宅ローンの計算をする時、ネット上のさまざまなサイトに住宅ローンシミュレーション、ローンシミュレーションというページがあるので、利用額を入力すれば簡単にローン返済シュミレーションができるでしょう。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.