世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

金銭消費貸借契約書【テンプレート・印紙・ひな形・無料・word・印紙代・親子間】

金銭消費貸借契約書【テンプレート・印紙・ひな形・無料・word・印紙代・親子間】

金銭消費貸借契約書とは、お金の貸し借りをする時に発生する契約書類です。

 

借主が金銭を誰かから借りる時、証明や記録として金銭消費貸借契約書を交わします。

 

金銭消費貸借契約書によって、両者が金銭管理を忘れることなく、きちんと返済されることを目的としています。

 

親子や友人の間でも、金銭の貸し借りが発生すれば金銭消費貸借契約書を交わすことがあります。

 

銀行から住宅ローンや、消費者金融業者から融資があった場合の契約が、金銭消費貸借契約書にあたります。

 

利息は利息制限法に規定されているので、その法律にのっとって金銭消費貸借契約書にも記載します。

 

金銭貸借に作成される書類には、「借用書」もあります。借用書としては効力に差はありませんが、借主が貸主に差し入れる形をとります。

 

金銭消費貸借契約書のテンプレートをダウンロードする時はこちら

 

金銭消費貸借契約書は自分で作成できます。

 

下記に金銭消費貸借契約書のテンプレートがあるので、気軽にダウンロードできます。

 

https://www.bizocean.jp/doc/category/137/

 

 

金銭消費貸借契約書の書き方についても説明があるので、利用してみましょう。

 

金銭消費貸借契約書のword版

 

word版で金銭消費貸借契約書をダウンロードしたい場合は、下記からできるでしょう。

 

金銭消費貸借契約書のテンプレート_word版

 

 

ベンチャー企業の経営などでは、金銭消費貸借契約書を契約するシーンが特に多いです。

 

銀行や信用金庫から受ける融資だけではなく、資金調達は株主や会社にすることもあります。

 

その時、会社間などで金銭消費貸借契約書を交わす例もあるのです。

 

 

金銭消費貸借契約書に複雑な条項を加える必要はありません。

 

契約の締結自体は、適正におこないます。適正な内容にするためにも、金銭消費貸借契約書のテンプレートを使っていると有利です。

 

上記のword版金銭消費貸借契約書なら、借入期間や会社名を変更すればそのまま使えます。

 

金銭消費貸借契約書は印紙代がかかる?

 

かかります。

国税庁でも、印紙代の一覧を出しています。

 

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/7140.htm

 

金銭消費貸借契約書のひな形はここからもダウンロードできます

 

 

https://www.clairlaw.jp/download/loan_for_consumption_agreement.html

 

親子間で金銭消費貸借契約書を交わす時

 

親子間でも、貸したほうが返済を望むなら金銭消費貸借契約書を作ったほうが安心です。

借りたほうは借りたことを忘れることはあっても、貸したほうは忘れないのです。

親子間でも利息はつけるの?

 

金銭消費貸借契約書といえば利息です。

 

利息を付ける場合は、法律に沿った形で請求しなければなりません。

利息を超過している場合は無効になってしまいます。

 

また、利息を受け取った貸して側は、確定申告で「雑所得」として申告します。

 

利息を支払わずに済んだ場合は、支払わなくて済んだ利息が贈与税の課税対象になります。

貸したほうも借りたほうも、利息については双方に注意が必要です。

終わりに

いかがでしたか?

親子間でも友人同士でも、会社同士でも、金銭の貸し借りが発生すれば金銭消費貸借契約書が必要です。

金銭消費貸借契約書のテンプレートは、オンラインでもダウンロードできます。

ご自分で作成する時は、ひな形を参考にすると早く作れるでしょう。利息については法律で決められているので、どのようにするかは慎重に決める必要があります。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.