世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

レポート 書き方【会社の実験・英語の見本・大学用のテンプレート・wordの例・構成】

 

レポート 書き方【会社の実験・英語の見本・大学用のテンプレート・wordの例・構成】

レポートは作文や感想文とは違います。

 

感想文であればカジュアルに考えられますが、レポートは論理的に書き、情報や事実に基づいて構成を組み立てます。

 

自分の感想を書くとしても、最後のまとめの部分に書き、本文に自分の意見は書きません。

その点は、読書感想文や作文などとは違います。

自分の考えを書くだけより難しいかもしれません。

 

レポートには最初、問いかけがあります。

問題提起です。

 

その問題提起に対する答えを、最後の結論のところで書くのです。

 

それまでの間には、客観的な事実やデータ、具体例などを示して読み手を説得していきます。

 

情報やデータがなければ、読み手は納得しません。

 

だから本文で具体的な事例や数値、データなど根拠となることを示さなければいけません。

 

 

会社の実験に基づくレポートでは、さらに正確なデータが求められます。

仮説や結論も大事ですが、実際の実験からわかったこと、データなどもレポートに加えましょう。

 

ただの感想文でしたら、データや情報、具体的な事例はあまり書かないでしょう。

こうした意味で、レポートは文学的というよりテクニカルです。

 

レポートは事前に情報調査も必要なため、準備にも時間がかかり、難易度が高く見えるのです。

 

レポートの書き方に戸惑う大学生、社会人の方も多いはずです。

得意、不得意が分かれる部分でしょう。

 

しかしレポートの性質をよく理解すれば、書き方や構成はそこまで難しく感じないはずです。

 

また、レポートのwordの例や見本もあるため、参考にするのもいいでしょう。

 

レポートの大学用のテンプレート

 

大学生でレポートの書き方に行き詰っている方がいたら、ぜひ大学生用のテンプレートを使うといいですよ。

 

https://templates.office.com/ja-jp/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-tm00002090

 

上記のリンクには、学生向けのレポートがあります。

 

書式設定されたテンプレートを使えば、レポートが苦手でもスラスラ書けそうです。

 

というのも、テンプレートには

 

  • 段落番号
  • 箇条書き
  • 引用文
  • 見出し
  • はじめの言葉

 

などのスタイルがあらかじめ載っています。

 

学生さんはあくまで文章の中身に集中でき、構成はテンプレートに沿って書けばいいのです。

 

コロナでリモート課題が増え、レポートを提出するシーンも増えたのではないでしょうか?

 

普段は慣れないレポートを書く時は、戸惑うことも多いはずです。

慣れるまではテンプレートを使い、レポートの雰囲気に慣れていきましょう!

 

wordの例

 

http://ksw.shoin.ac.jp/dept/psychol/pshome/report/reportmanual2.pdf

 

上記には、wordの例でレポートの書き方が確認できます。

 

英語の見本

 

http://makki-english.moo.jp/6compositionopinion3.html

 

英語学習の一つとして、英語でレポートを作成するシーンもあるかもしれませんね。

 

上記に英語の見本が掲載されているので、英語のレポートを書く時の参考にしましょう。

通じる英語で書くことも大事ですが、いかに具体的な表現で書くかも重要です。

 

使用する英単語も、日常会話で使われるような英単語より、少しお堅いほうがいいでしょう。

 

幅広い意味の単語よりも、具体的に示す単語を多用したほうがレポート向きです。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.