世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

積み立てニーサ 落とし穴【損した・仕組み・利回り・デメリット・シュミレーション・nisa・注意点】

積み立てニーサ 落とし穴【損した・仕組み・利回り・デメリット・シュミレーション・nisa・注意点】

積み立てニーサを使ってみませんか?

 

積み立てニーサは資産運用としておすすめの投資活動の一つです。

 

実際、さまざまな銀行で積み立てニーサに対応しています。

 

積み立てニーサにはメリットがたくさん!

しかし、デメリットになることもあるため、落とし穴もきちんと押さえておきましょう。

 

ここでは、積み立てニーサが気になっているあなたに、積み立てニーサの落とし穴についてご紹介していきます。

 

一見メリットが多いように見える積み立てニーサにも、注意点があります。

 

積み立てnisaの仕組みって?

 

積み立てニーサのいいところは、最低金額100円からスタートできること。

投資資金がないお客さんでも気軽に始めやすいのです。

 

だからまとまった資金がある人だけがnisaの対象というわけではありません。

 

積み立てニーサをしているお客さんの中には、まったく投資や資金運用の知識がない人もいます。

 

初心者もハードルの低いところから投資を始めるなら、積み立てニーサがおすすめというわけ。

 

積み立てニーサは要するに、初心者に優しい投資方法なのです。

積み立て型というのも特徴で、一度設定すれば毎回同じ金額の分だけ投資されていきます。

 

あなたが毎月何か操作、処理する手間はありません。

 

自動的に積み立ててくれるため楽ちんです。

 

あなたのバックできちんと積み立てニーサが稼働し、いつのまにか大きな金額になって

返ってくる!ということも夢ではありません。

 

とはいうものの、積み立てニーサも投資に代わりありません。

投資にはリスクがつきものです。

 

積み立てニーサで損したくないと考えるでしょう。積み立てニーサのリスクを低くするなら、長期で積み立てるのが基本です。

どうして長期的に積み立てニーサを利用するといいのかというと、それだけリスク分散ができるからです。

 

積み立てnisaは最長20年積み立てができます。

 

価格が高い時は少なく買って、値段が安い時にたくさん買う平均法を使えば、リスクが分散できるでしょう。

 

さらに、積み立てニーサの最も大きな特徴として、非課税ということがあります。

 

毎年積み立てニーサによって一定の金額内で購入した商品から得られる利益が、非課税ということです。

 

税金でもってかれてしまう金額がないため、利益が丸まる手に入るというわけです。

このように、積み立てニーサは無駄がない投資法といえます。

 

普通なら、投資して得た利益に対して、およそ20%の税金がかかるのです。

 

積み立てニーサの落とし穴

 

冒頭で、積み立てニーサにはデメリットがあるとお話ししましたね。

 

いくつか注意点はあるのですが、特に要注意なデメリットといえば、

 

nisaは出した価格が得られる価格ということ。

 

ただのnisaでも積み立てニーサでも、口座にキープできる期間には限りがあります。

その期限が来たら出さなければなりませんね。

 

積み立てニーサは儲かれば非課税なんですが、値下がりした余計な税金をとられます。

それでは非課税を目当てに積み立てニーサを始めた意味がなーい!

 

ということになるんです…。

 

100万円の株が50万円に下がったとしましょう。

 

あなたの取得金額は50万円です。そこですぐ売れば税金はかかりませんが、半額で売るのではもったいない…と迷ってしまい、結局一般口座に移すお客さんも多いはずです。

 

利回りが悪いのです。

 

 

終わりに

 

積み立てニーサで損するのが嫌なら、最初にシュミレーションして感覚をつかんでおくと安心ですね。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.