世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

本田技研工業株式会社ホームページ【熊本・米国・発電機・アンケート・リコール・宇都宮】

 

本田技研工業株式会社ホームページ【熊本・米国・発電機・アンケート・リコール・宇都宮】

本田技研工業株式会社の本社は東京都港区にあり、輸送機器を扱っています。輸送機器メーカーとしては大手です。

 

オートバイの販売台数や売上高は世界トップレベルです。

 

本田技研工業株式会社というと車のイメージも強いですが、実際車の販売台数は世界7位に落ち着いています。

 

本田技研工業株式会社ホームページ

 

https://www.honda.co.jp/

 

本田技研工業株式会社の公式ホームページでは、商品をカテゴリ別に紹介しています。

 

  • 自動車
  • バイク
  • マリンスポーツ用のボート
  • 農作業用の機器

 

などの乗り物を本田技研工業株式会社で扱っています。

 

本田技研工業株式会社の熊本製作所

 

本田技研工業株式会社には熊本に製作所があります。

 

https://www.honda.co.jp/kumamoto/

 

本田技研工業株式会社の法人が米国にあります

 

本田技研工業株式会社の現地法人のホンダノースアメリカ・インコーポレーテッドは、

2014年3月、アメリカので4輪車生産台数が2000万台に到達したことを好評しました。

 

 

同時に、オハイオ州メアリズビル4輪生産工場では、1000万台のアメリカ製アコードがラインオフしました。

 

ホンダは1982年11月に、日本メーカーとして初めてメアリズビル4輪車生産工場で、4輪車生産を始めました。

 

本田技研工業株式会社の発電機

 

https://www.honda.co.jp/generator/

 

本田技研工業株式会社では一般的な乗り物以外に、発電機も扱っています。

 

本田技研工業株式会社こだわりの発電機を、会社やご家庭に導入してみませんか?

 

本田技研工業株式会はとりわけ、「電気の質」にこだわって発電機を生産しています。

 

高温や排ガス、低温下、電磁波など、厳格なテストをくぐり抜けてきた発電機だけが、

本田技研工業株式会の発電機として世に送られます。

 

高い基準で試験し、生産品質にとことんこだわっているのが本田技研工業株式会の発電機です。

 

本田技研工業株式会社は栃木県にも製作所があります

 

http://www.pref.tochigi.lg.jp/kogyo/voice/002.html

 

本田技研工業株式会社は栃木県製作所もあります。

 

本田技研工業株式会社の栃木製作所は宇都宮市や小山市にも近く、鬼怒川や五行川に挟まれた立地です。

 

地下水も豊富で、製作所の環境としてふさわしい地域なんですね。

 

本田技研工業株式会社のリコール情報

 

https://www.honda.co.jp/recall/

本田技研工業株式会社の商品に欠陥があった場合、そのまま
お客さんが使い続けていたら危険な場合があります。

1台のみが欠陥商品ならいいですが、出荷され、購入された
乗り物まで欠陥があるようなら、利用停止しなければお客さんの
身の心配が当然あります。
そこで会社は「リコール」という形をとり、一時的に商品を
回収することがあります。
リコールは会社側に責任があり、消費者には過失がありません。
ですから、欠陥を修理してからまた新たに商品を返します。

もちろん、リコールは一度もないのが一番です。

しかし、大手の自動車メーカートヨタでもリコールが昔あったように、大手メーカーだからといって安心とはいいきれません。

欠陥商品をそのまま使い続けるのは大変危険です。

そのために「リコール」という制度があるのですが、会社の責任でお客さんの負担金が発生しないよう、補償してくれます。

本田技研工業株式会社のアンケートページ

 

今はアンケート募集が終わっていますが、本田技研工業株式会社ではweb上でアンケート募集することがあります。

アンケート結果は、本田技研工業株式会社の業務改善や商品の品質管理に生かしています。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.