世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

ideco【比較・おすすめ・デメリット・ポータル・手数料・とは・シュミレーション】

ideco【比較・おすすめ・デメリット・ポータル・手数料・とは・シュミレーション】

idecoとは、個人型確定拠出年金です。

 

idecoを扱っている銀行や証券会社は多いので、比較してみて自分にどこが合うか審査してみるといいでしょう。

 

idecoとは何か?

 

idecoは、公的年金に追加して、給付が受けられる年金制度です。

 

掛け金を積み立てて、投資信託や預金など選んだ商品で運用した後、原則60歳以降に年金または一時金を受け取ります。

 

受取金額は運用結果によっても違うでしょう。

 

idecoの掛け金についてですが、最低金額は5000円です。

 

引き出しは60歳以降なので、それまでは引き出しができません。

 

手軽に初めて着実に貯められる方法の一つがidecoです。

 

老後の資産を効率的に作るためにも、idecoがおすすめです。

 

idecoを上手に取り入れれば、今よりもっと効率的に資産が増やせます。

 

idecoには手数料がかかりますが、その手数料もあなたが契約するところによって異なります。

 

例えばみずほ銀行のidecoを利用した場合、金利や手数料は下記のようになります。

 

https://www.mizuhobank.co.jp/rate_fee/index.html

 

idecoのポータルサイト

 

jis&tでは、idecoのポータルサイトを扱っています。

 

https://www.jis-t.kojingata-portal.com/

 

idecoは、非課税を使って投資した株や投資信託の値上がり益、配当金が、期間中いくらになっても全額非課税です。

 

自分で運用する商品を決められるのもうれしいポイントです。

 

損失をnisa口座以外で得た利益と相殺できません。

 

その年の非課税枠の未使用分を、翌年以降に繰り越せません。

 

一度投資したものを売ってしまうと、その非課税枠を再利用できなくなります。

 

一般的にnisaで非課税となる期間は5年間です。

 

idecoのデメリット

 

idecoにはメリットもありますが、デメリットになることもあります。

 

それは、原則60歳になるまで引き出せないことです。

 

老後に受け取る年金額が事前に確定しないことも挙げられます。

運用リスクは基本的に加入者自身です。

 

自分で金融機関を選んで手続きしなければなりません。

 

手数料は全部自己負担です。

 

受け取る時に課税されることがあります。

 

投資に関する知識がある程度必要です。

 

idecoとは、個人型確定拠出年金の愛称です。

 

老後資金を自分で積み立てる制度で、毎月掛け金を積み立てて金融商品を運用し、老後に必要な資金を積み立てます。

 

idecoの運用商品には、定期預金や保険、投資信託があり、運用の結果次第で老後に受け取る金額が変わります。

 

idecoのシュミレーションを開始する

 

http://www.wam.abic.co.jp/contents/C110005/dcsimu/top.html

普通、金融商品の運用で得た利益には税金がかかりますが、
確定拠出年金で税金はかかりません。

どのくらいお得になるのか、ぜひ確かめてみましょう。

https://go.sbisec.co.jp/prd/ideco/about_simulation.html

60歳以降に受け取る資産を老齢給付金といいますが、受け取る方法は2つです。

終わりに

いかがでしたか?

idecoの魅力についてわかっていただけたでしょうか。

idecoを始めると毎月一定金額積み立てることになるため、
支出といえば支出です。
しかしidecoの金額が所得控除となり課税されないこともあり、
所得税軽減につながります。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.