世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します【おすすめ・設定できない・スリープモードにしない・スリープさせない・勝手に・電源オプション・シャットダウン・電源が切れない】

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します【おすすめ・設定できない・スリープモードにしない・スリープさせない・勝手に・電源オプション・シャットダウン・電源が切れない】

windows 10 を使っていると、電源オプションに

 

  • スリープ
  • 再起動
  • シャットダウン
  • 休止モード

 

などがあるでしょう。

 

場合によると、休止という選択肢はないかもしれません。

 

必ずある電源オプションが、スリープ、再起動、シャットダウンではないでしょうか。

 

もし電源オプションが使いにくい場合、もっと使いやすくカスタマイズできます。

 

スリープさせない時やうまく電源が切れない時、スリープモードにしない設定をするには、どうしたらいいでしょうか。

 

勝手にスリープモードになってしまうのも面倒ですね。

windows 10 で電源とスリープの設定を変更します

 

設定してもいないのに、勝手に画面がスリープモードになったら不便ですね。

作業がいったん中断してしまいます。

 

しかし、自分が席を5分以上離れる時などに、操作しなくても勝手にスリープしてくれると省エネにつながります。

 

設定画面で、どのくらい放置時間が過ぎたら勝手にスリープモードにするか、設定しておけるのです。

設定は次の手順でしましょう。

 

  1. 歯車の設定ボタンを押す
  2. システム
  3. 電源とスリープ
  4. スリープの部分で「デバイスを使用していない時にスリープ状態に入る前の時間」を設定する

 

省電力にするためには、勝手にスリープモードにさせたほうがいいのです。

 

少しの間席を離れるけれど、シャットダウンはしたくない!といった時、スリープモードは便利です。

 

スリープモードにしておけば、起動中のアプリや文書はいったんそのままです。

スリープになる前に保存しておけば、保存状態が失われる心配もありません。

 

席に戻ってスリープを解除すれば、また作業の続きから入れます。

 

電源は落ちていないため、スムーズに作業を再開できるのですね。

 

電源が切れない時はどうする?

 

windows10を使っていて、電源が切れないと不便ですね。

 

もう画面を終了させたいのに電源が切れないと、それまで待っていなければなりません。

早くシャットダウンしたい場合、ヤキモキしてしまいますね。

どうして電源が切れないことが起こるのでしょうか。

 

パソコンの電源が切れない理由には、下記が挙げられます。

 

  • パソコンにホコリがたまっている
  • 内部に電気がたまっている
  • パソコンを放置し過ぎた
  • 部品が故障、破損している

上記の理由は、電源が落ちるのが遅い時にも共通しています。

 

私もwindows10を使っていて、電源が切れない時はよくありました。

 

その原因としては、帯電が一番です。

 

帯電というのは、パソコンの内部に熱がたまり、熱くなりすぎている現象です。

パソコンの横から音が鳴り、風が出てくることもあります。

 

これはパソコンにたまった熱を外に出そうとしている症状です。

 

パソコンの中に電気がたまるのは、長時間使用していることが原因です。

 

パソコンを酷使しているユーザーに多い原因でしょう。

 

パソコンを長時間使うのもいいですが帯電の問題もあるため使用時間を制限するのがいいかもしれません。

 

ちなみに帯電を解決する方法としては、いったんパソコンの電源を切り、バッテリーを取り出すことです。

 

パソコンにも休憩が必要ということですね。

 

パソコンを放置しているとどうして電源が切れない?

 

電源が切れない時の原因の一つに、しばらく放置していたことが挙げられます。

 

パソコンをしばらく放置していると省エネモードが働き、スリープよりも休止に近いモードに切り替わるのです。

 

この場合、

 

  • マウスのボタンをクリック
  • 電源ボタンを押す(長押しはしない)

 

ことによって、電源が切れる場合があります。

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.