世の中の疑問を解決していくサイト

疑問ズバッと解決ナビ

未分類

はがき 料金【いつから62円・2019年に値上げ・推移・改定・2020・過去・受取人払い】

 

はがき 料金【いつから62円・2019年に値上げ・推移・改定・2020・過去・受取人払い】

はがきを送るサービスは日本郵便のサービスで定番ですが、料金はいくらくらいかかるのでしょうか?

 

はがきの料金は?

 

はがきの料金は1通あたり63円です。

全国一律料金なので、距離が遠くても関係ありません。

 

ちなみに往復はがきだと料金は少し上がり、126円です。

 

 

はがきの料金についての概要

 

https://www.post.japanpost.jp/service/standard/two_price.html#:~:text=%E3%81%AF%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%AE%E6%96%99%E9%87%91%E3%81%AF%E5%85%A8%E5%9B%BD,%E3%81%95%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%94%E8%A6%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%82

 

日本郵便のホームページでは、はがきの料金について案内しています。

 

はがきの料金が63円に値上げ!

 

はがきの料金を今日初めて知ったなら、はがきの料金が値上げしたことを知らないでしょう。

 

実は、はがきの料金は今は63円ですが、値上がりした値段です。

前はこれより安かったのです。

 

もともとハガキの値段はもっと安かったのですが、2017年に62円に値上げになり、2019年10月からは63円です。

 

値上げの理由は消費税の増税です。

 

2019年10月から消費税の増税がありましたね。

 

それに伴い、ハガキの料金も値上げされたのです。

ハガキだけではありません。

 

封筒に入れて送る手紙や書類も、2円程値上がりになっています。

 

郵便局の収入源となっているハガキや年賀状、切手の売上は、実は減少傾向です。

その背景には値上がりもあるでしょう。

 

最近は年賀所にかけるお金や手間を惜しみ、メールで挨拶を済ませる人も増えています。

 

日本郵便としては、

 

  • 人件費
  • 売り上げ減少

 

から、ますます売上が厳しくなっています。

 

だからハガキの値上げは日本郵便にとっても妥当な選択だったのです。

 

要するに、消費税増税も理由ですが、景気が悪いことも値上げの理由になっているのです。

 

2020年現在、はがきの料金は63円ですが、今後景気がますます悪くなればまた値上げがあるかもしれません!

 

所定のサイズを超えたはがきを出す時料金はどうなる?

 

はがきは定形が決まっていますが、手作りもできます。

 

しかし、作ったはがきが普通サイズを超えるはがきになってしまったら、料金もそれに伴って上がるのでしょうか?

 

結論としては、そもそもはがき扱いにできません。

 

はがきのサイズを超えてしまったら、第一種郵便扱いになります。

 

第一種郵便って何?

 

定形郵便や定形外集便、簡易書留をまとめて、第一種郵便と呼んでいます。

 

第一種郵便といえば、封筒に入って閉じられているものというイメージです。

しかしサイズが大きいはがきも含まれます。

 

受取人払いにする方法

 

はがきを送っても、自分では料金を負担しないで送るやり方があります。

 

それは受取人払いにする方法です。

 

受取人払いにすれば、あなたは料金を負担せず、はがきを受け取る人が支払うことになります。

 

https://www.post.japanpost.jp/send/fee/how_to_pay/uke_cyaku/index.html

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

はがきはいつから62円に値上げされたかというと、2017年です。

 

しかし消費税や景気の悪さにより、2019年にまた値上がりになっています。

はがきの料金の推移を見てみると、改定を繰り返しだんだん上昇しています。これからもっと上がらないでほしいですが、どうなるかはわかりません。

 

2020年現在、はがきの料金は63円で、それでも安いと感じる方もいるでしょう。

しかしはがきは過去、もっと安かったのです!

-未分類

Copyright© 疑問ズバッと解決ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.